いくつかの種類があります

zyhhr3bpcz4bjtv便秘とは、排泄の回数が少ないことや排泄物がお腹の中に滞っている状態をいいます。

ただし、もし毎日便通があっても残便感や苦痛があればこれは便秘であり、逆に毎日便通がなくても苦痛に感じなければそうとはいわないのです。

便秘とひと言でいいますが、その原因からいくつかの種類に分けられます。

まず、「機能性」のものと「弛緩性」のものがあります。

機能性のほうは胃や小腸、大腸などの消化器官の機能低下が原因で引き起こされるもので、一般的な人はこれが原因なのです。

弛緩性のほうは、大腸のぜん動運動や筋力の低下により便を押し出すことができなくなることが原因です。

こちらは、出産を経験したあとの女性や高齢者に多く見られます。

これらの他にも心理的なストレスが原因で起こる痙攣性のものがあり、このタイプは便秘と下痢を交互に起こす場合もあります。

また、便意を我慢することで起こる直腸性のもの、腸閉塞や腸ねん転、大腸ガンといった腸の腫瘍や閉塞、炎症などの疾患が引き起こす器質性のものなどがあります。

器質性ではには腸の長さや大きさの異常が原因というケースもあり、その際には一般的な対処方法では対応できないことも多いので、まずは医師に相談することをオススメします。